読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gotanda.js#2 で request-specを利用していい感じにモックデータを作ってフロントエンド開発を楽にしたい! というLTをした

ご飯おいしくて最高だった。(GaiaX さんありがとうございました!)

資料

www.slideshare.net

お正月休みにautomockというGemを作った。 joe-re.hatenablog.com

その紹介と、これで何を実現したいのか、という内容を中心にLTさせてもらった。

(js勉強会なのにgemかよという感じですが、まぁ中のコードのほとんどはjsなので。。)

automockとは何なのか

RSpecで書かれたrequest-specの実行時に発生したレスポンスを抽出し、WebAPIのレスポンスのモックデータを生成する。
そしてRailsが返却するレスポンスを奪い、モックデータに差し替えるプロキシサーバを立ち上げる。

SPAを開発する場面においては、サーバサイドとクライアントサイドで扱うコンテキストはWebAPIのIFしか共通しない。
そこから先の世界についてはお互い知らない。
つまりクライアントサイドにとってはWebAPIによって得られる情報が全てであり、本当に雲の向こうにデータがあるかどうかは知りようがない。

automockはこの性質を利用する。
サーバサイドにデータの用意をせずとも、request-specで書いた状態を再現することができる。

autodoc というrubygemsにインスパイアされて作ったもので、 autodocはドキュメントを生成するんだけど、こちらはモックデータを生成する。

どんなメリットがあるのか

前述の通りSPAにおいてのクライアントサイドにとっては、サーバサイドに本当にデータがあるかどうかは動作する上で直接関係がない。
ゆえに開発をする上で、面倒なデータの用意などせずとも誰でも描画の確認や微調整は簡単にできるように、パターン別にレスポンスをモックしよう!

という発想は昔からあって、具体的には以下のような実装がある。

stubbyは昔僕も使っていたのだけど、モックデータを自前で用意しないといけないので、実装との乖離を起こさないようにするのが大変だった。

automockを使うと、モックデータは実装を元に自動で生成されることになるので、実装との乖離は発生しない。
こうしてメンテナンスの煩わしさから解放されるのと、実際に受け取ったresponseからモックデータを作成する(人の手を介さない)ので、信頼性を保てる点が利点だ。

作りたい世界

フロントエンドエンジニアとサーバサイドエンジニアがそれぞれを実装する場面においては、

サーバ先輩「request-spec、cucumberでシナリオ書いて実行できるようにしたお。」
クライアント後輩「うっすうっす。automockでレスポンスモックして、シナリオに基づいて画面作っていくっす。」

みたいな会話ができる。

specを書くことでautomockが機能し、開発効率が上がる。
開発効率が上がることでspecを書くモチベーションが高まる。
specを書くことでまた開発効率が上がる。

というループを実現したい。

Gotanda.js

Gotanda.js、すごく温かみのある会で楽しかった。
主催はまさかりより温かみというモットーで運営しているそうで、LTの敷居も低い。
お近くのJSerはみんな参加すればいいと思う。

また次回もよろしくお願いします!
といいつつ懇親会で開催者とお話しして、次回は弊社で開催させてもらえることになりそうなので、次回は運営側に回りそうです。(よろしくお願いします!)