読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CafePitchの区切り文字にheader要素を指定できるようにした

CafePitchはElectron製のMarkdownで書けるプレゼンテーションツールです。久々のアップデートです。

github.com

久々ということでAngularをrc versionから脱却してみたりとか、TypeScriptのバージョンを上げたりとか色々した。 Angularはbootstrap周りをごっそりと書き換えたけど、それ以外はあんまり変えなくても動いた

しかしテスト周りは変わりすぎていて厳しかったので、ユニットテストは全部捨てた。もともとあまり書いていなかったし、僕の不勉強からかなりギリギリで動いている感じだったので、まぁいい機会だったかもしれない。

Spectronで書いているE2Eテストは無傷なので、そこで最低限は担保している。(はず)

今回のアップデートでは、以下のように設定用の吹き出しを出せるようにしていて、そこから区切り文字を設定できるようにした。

f:id:joe-re:20170320205829p:plain

id:catatsuy さんが以下のつぶやきをしていて、お話を聞いてみると、見出し要素を区切り文字にしたいということだった。

理由を聞いてみると、自然な文章を書いて勝手にスライドができて欲しい(水平線は普通に文章を書く時にはあまり使わない)というのが理由で、なるほどーという感じだったのでやってみた。

区切り文字を増やすにあたっては、markdownのparse結果に行番号が付いていると理想的だったんだけど、cafepitchの中で使っているmarkedでは位置情報までは取れなかったので、必要最小限の構文のみを、行単位でlexingする処理を実装した。

一応markedの実装を見て齟齬がないようにはしたつもりだけど、markdownのparseと違うロジックを使うのはバグりそうであんまり良くないよなー、という感じはあるので、本当は一緒にしたい。どなかたいい感じの実装があれば教えてください。

実際に試してみると、区切り文字を意識しなくて書けるのは結構いい感じ。 もし興味があれば是非お試しください。